小動物用脳レーザー光刺激装置

  • image.png
本装置は、光に反応する特殊なチャネルを発現した限定された脳に正確に光刺激を与えるための装置です。刺激信号は、外部の刺激装置やファンクションジェネレーターからのトリガーによる同期制御も可能です。専用のソフトウエアで任意に制御も可能です。光刺激に関する周辺機器も取り扱いいたします。各波長のレーザー光ジェネレータを用意しています。

特徴


標準レーザー光の波長 445〜473nm(青色)& 589nm(緑色)

出力1ch(1波長又は2波長合波)

ディスポーザブルプラスチックファイバー採用(フリームービング用、1本又は2本同時出力)

試験動物のストレスを低減させるためのオプティカルシーベル採用

ソフトウェア制御(特注)

製品カテゴリーPRODUCT CATEGORY